近藤悠三 梅呉須赤絵急須

幅11.2cm*9.4cm 高さ7.5cm

¥150,000

人間国宝・近藤悠三先生はかつて「私は染付の技法で重要無形文化財(人間国宝)の指定を受けたが、轆轤の技法で指定を受けたかった。」と語りました。

それ程に轆轤の技には絶対の自信を持っていました。

この急須は見事なフォルムで、薄く膨らみを持っています。

取っ手を立てると、ビクともしません。
これは青木木米の南蛮手急須もそのようであったと伝説が残されています。

呉須の染付で後に赤絵を加える空間を残して焼成し、出来上がった作品に赤絵の梅を加えてもう一度焼成しています。

予め、近藤悠三先生の中では出来上がった作品をイメージされていて、それを形にしたと考えられます。